思いもよらないのですが、現在は中途障害となり頑張っております。

5年前に整形外科で、私は脊椎側弯症の手術をおこなっているのです。

手術前の様な痛みや神経症状の辛さはなくなり、とても有り難いと思っています。

手術後から現在に至るまでは、背骨はまっすぐにとたてなおっています。
しかし身体の中に多くのチタンが、辛い症状がなくなるためにも、入っているのです。

つまり中途障害者となり、5級の障害者手帳も頂いているのです。
一生私が持つ手帳となります。

やはり手帳をもつだけの意味があると、感じています。

チタンが入った身体と、私は日常生活に付き合う大変さがあるのです。
59歳までの私は、自分だけの骨だけで生きてきました。

手術後の動きとしましては、椅子に座っていることも、余裕がある状態ではなかったりします。
同じ動きを、いつまでもは出来なかったりもするのです。

力持ちだと言われた私は、腕の筋力も素晴らしかったのですが、今では少し重みのある荷物をもつ事などにも、耐えられなかったりします。

内臓は元気な私ですが、手術後の私はこのチタンと付き合う事に、へこたれたら生活は出来なくなってしまいます。
頑張って生きるしかないのです。現在は
無理をしないで、生活ができる事に感謝しているのです。まあるい旬生酵素 解約

思いもよらないのですが、現在は中途障害となり頑張っております。